TEL:0568-81-1478
お問い合わせ・ご相談

庭のリフォームを種類ごとに紹介! 失敗しないために知っておこう

庭のリフォームを種類ごとに紹介! 失敗しないために知っておこう


「庭のリフォームにはどんな種類があるのか教えて欲しい」という方のために、今回は庭のリフォームを種類ごとに詳しく解説していきたいと思います。人気のデザインからお手入れが簡単なものまで紹介していくので、この記事を読めばどんな庭が自分に合うのかイメージすることができるでしょう。これから庭のリフォームをしようと考えている方は参考にしてみて下さい。

1.庭のリフォーム<芝>

はじめに紹介する芝のデザインは庭のリフォームの中でも一番人気があり天然芝と人工芝の2種類から選ぶことが可能です。ここではそれぞれの芝の特徴と共に、芝の庭について詳しく見ていきましょう。自然に使う庭にしたいという方は、こちらをしっかり読み進めて下さい。

1-1.天然芝の庭について

天然芝とは一般的には芝生と呼ばれており、子供やペットが庭で遊びやすいため人気の高いデザインとなっています。見た目も緑を感じることができ身近に自然を感じることから支持されており、一度植えてしまえば手入れ次第で長く使用することが可能です。自然に近いという良い特徴の反面、夏には虫が発生しやすくなったり、草むしりなどの手入れが大変だったりというデメリットもあります。

天然芝の費用はピンキリですが、平均亭には2万円ほどで庭を埋めることが可能だと言われています。そのため、他の方法よりも比較的初期費用が抑えられるため、リフォームの金額をできるだけ低価格にしたいという方はこちらの方法を選ぶと良いでしょう。

1-2.人工芝の庭について

人工芝とはその名の通り人工的に作られた芝生のことで、冬に茶色になることも草刈りなどの手入れをしないといけないこともありません。しかし、手入れ次第では永久的に持つ芝生とは異なり、2~10年ほど交換する必要があります。また、初期費用が天然芝よりも割高になるほか、火に弱いのでバーベキューや花火はできないというデメリットがあります。

2.庭のリフォーム<コンクリート>

続いては、庭をコンクリートにリフォームする方法について詳しく解説していきたいと思います。こちらの方法は費用が高くなりがちなので検討すらしない方が多いですが、それなりのメリットも兼ね備えているので、きちんと確認していきましょう。

2-1.コンクリートの庭について

先ほども紹介しましたが、庭をコンクリートにする方法は庭のリフォームの中で高額なものになり、おおよそ20万円程度の費用が必要です。そんな割高なコンクリートの庭ですが、耐久性が優れているという特徴があります。さらに、ほうきで掃くだけできれいになるほど清掃が楽なことや、水でぬかるむことがないというメリットが挙げられるのです。

しかし、夏は照り返しが強くなりがちで温度が上がりやすく、経年劣化で日々が入ってしまう可能性もあるので注意が必要になります。コンクリートの庭は一度施工してしまえばしばらく放置できる反面、退居する際などに撤去する場合には別途費用がかかることになるので覚えておきましょう。

3.庭のリフォーム<砂利敷>

この項目では、砂利敷の庭について紹介していきたいと思います。砂利敷は芝生と並ぶほど人気なデザインとなっており、庭のリフォームの中で一番低価格で施工することができる方法です。とにかく費用の安さを重視したいという方は、まずこの方法を確認してみましょう。

3-1砂利敷の庭について

砂利式は業者に依頼しなくても自分で施工することも可能で、費用を安く抑えることができるけれど見た目が良くなるという点が最大のメリットになります。その他にも、雑草対策・防犯・水はけが良くなるなどのメリットがあり、特に防犯目的で砂利敷の庭にする場合も少なくありません。

そんな砂利式のデメリットには、子供などが転倒したときにケガをしやすいことや、落ち葉や雪などの掃除をするときに手間がかかることなどが挙げられます。実際に庭を砂利敷にする際にかかる費用は、1万5、000円程度になり工期も半日ほどとすぐに完成することが可能です。

4.庭のリフォーム<ウッドデッキ>

最後に紹介する方法は、庭をウッドデッキに変更するリフォーム工事になります。こちらはかなり見栄えがよくなりますが、庭のリフォームの中で一番費用が高くなる方法です。それでは、実際にウッドデッキを採用したときのメリット・デメリットや、初期費用を確認してみましょう。

4-1.ウッドデッキの庭について

ウッドデッキの庭にすることで得られるメリットとしては、やはり高級感ある見た目が一番大きいでしょう。見た目以外にも、庭との段差の解消やバーベキューなど野外リビングとして使用できることが特徴になります。多くのメリットがある一方でデメリットとしては費用が高いことをはじめ、濡れると滑りやすいことや虫が巣くうことがあることが挙げられます。

そんなウッドデッキで実際で庭をリフォームした場合には最低でも10万円が必要となっており、木材によっては100万円を超えることもあります。最近ではお手入れが簡単な樹脂木材が選ばれることが増えていますが、天然の木材を採用する際には十分な手入れが必要だと理解しておきましょう。

5.まとめ

今回は、庭のリフォームについて種類ごとに詳しく解説してきましたが、知りたい情報は見つかりましたでしょうか? 芝生の庭が一番人気であることや、ウッドデッキが一番効果であることが分かりました。

「池田建築株式会社」では、ウッドデッキなど木材を使用したリフォームを得意としています。この記事で木を使った庭に興味を持った方は、ぜひ一度ご連絡ください。