TEL:0568-81-1478
お問い合わせ・ご相談

リフォームに必要な期間はどのくらい? 場所別の工期の目安を解説!

リフォームに必要な期間はどのくらい? 場所別の工期の目安を解説!


家のリフォームで気になることの一つに、「リフォームにどのくらいの期間がかかるか」ということが挙げられます。工事中は生活に多少の不便をきたしますし、場合によっては仮住まいが必要になることもあります。そこで、今回は場所別のリフォームにかかる期間の目安について解説します。

1.キッチンのリフォームにかかる期間の目安

キッチンのリフォームは、毎日の調理場所が使えなくなるので、工事にかかる期間を知っておきたいものです。キッチンのリフォームにかかる期間は、現在のキッチンをどのように変えるかによって大きく異なりますので、具体的に解説していきましょう。

1-1.一部の設備のみを変える場合

レイアウトを変えずに一部の設備のみを交換する小規模なリフォームであれば、既存のキッチンの撤去と新たなキッチン機器の取り付けで、合計2日間から3日間で完了します。そこにキッチン床の下地の補修や給排水工事が必要になれば3日間ほどプラスになると考えておきましょう。

1-2.全面的なリフォームの場合

今あるキッチンのレイアウトを変えたり一体型のシステムキッチンに変更したりするなど大規模な工事の場合は、その分工事の期間は長くなります。新旧それぞれのキッチンの下地補修や内装工事、壁の撤去、電気工事も必要になります。目安としては、1週間から2週間を見込んでおきましょう。

2.トイレのリフォームにかかる期間の目安

トイレのリフォームは、リフォームの中でも最もよく行われる場所です。トイレは1日に何度も使う場所で、リフォームによってお掃除がしやすくなるなど、何かとメリットが多いこともその理由でしょう。それでは、リフォーム内容別の工事にかかる期間についてご紹介します。

2-1.小規模なリフォームの場合

便器のみを取り換えるなどの小規模なトイレのリフォームなら半日から1日で終了します。ただし、便器を取り換えるに伴って排水位置が変わる場合は床の補修工事などを含めて2日間から3日間かかります。数日間トイレのリフォームに時間がかかる場合は、仮設トイレの設置と撤去も必要になります。

2-2.全面的なリフォームの場合

和式トイレから洋式トイレに変更する、段差をなくす、内装を全面的にリフォームするなどの大規模なリフォームの場合は、4日間から10日間ほどが見込まれます。工事前に工事期間やトイレが使えない期間をしっかり確認しておきましょう。

3.浴室のリフォームにかかる期間の目安

浴室をリフォームしている間はお風呂に入ることができないため、工事期間は事前にチェックしておきたいものです。浴室のリフォームにかかる期間は浴室がユニットバスなのか、在来工法のタイル式浴室なのかで大きく変わります。それぞれの工期の目安を見ていきましょう。

3-1.古いユニットバスから新しいユニットバスにリフォームの場合

ユニットバスからユニットバスへリフォームの場合、バスタブの交換だけなら1日で終わることもあります。ドアの据え付けや内装工事などのオプション工事がある場合は平均して3日間から4日間程度の期間が必要となります。

3-2.タイル式風呂からユニットバスへのリフォームの場合

在来工法の浴室からユニットバスに変更する場合は平均して4日間から7日間程度、最長で10日間ほどかかります。タイル張りになっている床や壁を崩して基礎を作り直す工事が必要なので、やや工事の期間は長くなります。その期間は自宅のお風呂が使えないので、近くの銭湯を利用するといった対策を考えておきましょう。

4.リビングのリフォームにかかる期間の目安

リビングは家族が集まる大切な場所です。キッチンとつなげてLDKにしたい、収納を増やしたい、壁紙を張り替えて雰囲気を変えたいなど、さまざまな要望が出てくる場所です。ここでは、リフォーム内容別で工期の目安をご紹介します。

・フローリングの張り替え→2日間から4日間
・壁や天井のクロスの張り替え→1日から3日間
・壁面収納の取り付け→2日間から3日間
・リビングとキッチンの間仕切り撤去→3日間から7日間
・床暖房の取り付け→2日間から4日間

いずれも取り付けるものの種類によっても工期が変わるので、事前にリフォーム会社へ工事期間の目安を確認しておきましょう。配線などの変更があると工期が長引くこともあります。

5.外壁や屋根のリフォームにかかる期間の目安

外壁や屋根の塗装や屋根の葺き替えなどのリフォームは天候によっても左右されるので余裕を持ってスケジュールを立てなければなりません。大まかな目安は以下の通りです。

・外壁や屋根の塗装→1週間から4週間
・外壁の交換、屋根の葺き替え→1週間から4週間
・太陽光発電の取り付け→1週間から2週間

外壁や屋根のリフォームをする場合には足場を組む必要があり、足場を組むにも時間がかかります。そのため、複数箇所のリフォームを行う場合は、一度にまとめてリフォームしたほうが効率よく工事ができます。

6.まとめ

リフォームにかかる期間はリフォームする場所や条件、内容によって大きく変動するので、最終的にはリフォーム会社と個別に相談しないとはっきりとした期間は分かりません。しかし事前に工期を把握しておくことで、生活への影響やその対策をとることができますので、打ち合わせ時にしっかりと確認しておきましょう。

「池田建築株式会社」では丁寧なカウンセリングで皆さまの不安を取り除いてから、リフォームに取りかかります。どんな小さな疑問もお気軽にご相談ください。