TEL:0568-81-1478
お問い合わせ・ご相談
コンテンツ

基礎・構造・断熱

長期優良住宅省エネ基準クリア

省エネ基準クリア

冷暖房負荷を抑えるための断熱等級を満たし、冬は暖か、夏は涼しく、快適かつ経済的な生活を提供します。 (床・壁・天井に隙間なく断熱材を敷き詰め、サッシは外側アルミ×内側樹脂サッシのペアガラスが標準です。)

大切な家をどっしり支える丈夫な基礎

基礎

基礎配筋

鉄筋を丁寧に組んでいきます。
これが丈夫な家づくり工事の 第一歩として、とても重要です。
ここにコンクリートを流し 込み、鉄筋×コンクリートの丈夫な基礎ができるんです。

基礎パッキン工法

基礎パッキン工法

基礎と土台の間に、通気パッキンを敷き隙間を均等に あけることで、床下の湿気を効率よく排出できるので、木材が腐りにくい環境ができます。
また、従来の換気方法と比べ、基礎に穴を あけなくて良いので、基礎の強度も増し、また、小動物の侵入も防いでくれます。

 

 

実際に設計しているからわかること「木造と風力」

地震大国であるこの日本。
現在「耐震!免震!」と各社そろって宣伝していますが、実はこの「木造」という構造は「風の力」による算定の方が重要な場合が多いのです。
建物は「鉄骨造」や「鉄筋コンクリート造」に比べ建物の重さが軽いため、「風の力」を受けやすくなります。
簡単に言うと、建物が重いほど地震力を受けやすくなり、逆に軽い建物は風力を受けやすくなります。
現在建築基準法で想定されている「耐地震力」と「耐風力」を両方計算すると、「風の力」の方が大きい場合があります。
ですので、すべての建物の「耐地震力」と「耐風力」を計算し、構造を決めています。

 

基礎・構造・断熱

在来軸組構造

 

在来軸組構造

コンクリート基礎の上に土台を敷き、それに柱・梁などを組み合せて建物を建築する方法。木が持つ本来の良さ(強度、粘り、調湿作用など)を活かすことができます。

在来軸組構造

管柱は国産材の無垢の杉を使用。通し柱も国産材で、こちらは無垢の桧を使用しています。

在来軸組構造

通し柱と基礎を直接締結させるホールダウン金物、梁と梁などを締結させる羽子板ボルト、水平方向の耐震性を強める筋違を補強する筋違プレートなど、さまざまな耐震金物を使用します。

くつろ木の家は、「構造」「断熱」友の、建築基準法基準よりも厳しい長期有料住宅耐震基準をもとに設計しています。